本文へスキップ
九州大学ロゴ
Loading

センター利用方針Operating Policy

  • 本センター棟の利用は、九州大学教員と民間企業との共同研究、または民間企業が参画する公的プロジェクト(NEDO事業等)の実施を原則とする。
  • 九州大学の教員が、参画希望企業と連名で利用申請し、本センター運営委員会での審査の上、企業が本センター棟内に自社研究分室を開設。
  • 企業等による本センター棟の占有利用は、以下の中から一つまたは複数を選択可能。

    ・研究員室(約25m2)
    ・実験準備室(約25m2)
    ・実験室(約50〜70m2)
    ・1フロア(約800m2)
  • 以下の経費を共同研究費または受託研究費(直接経費または一般管理費等)から支出。

     @施設利用料(1m2あたり年間1万円)
     A施設維持費(1m2あたり年間約5000円)
     B光熱水費(占有部分の電気ガス代および実験用ガス代等の実費)
     C先端設備使用料(各装置の年間維持費を元に各利用者の利用時間に応じて計上)

    【利用例】
     ・研究員室のみの利用で年間37.5万円から。
     ・研究員室+60m2実験室で年間127.5万円から。
     ・研究員室+実験準備室+60m2実験室で年間165万円から
  • 産学連携を主目的とした施設であるため、民間企業との連名でない学内基盤研究のための利用も本センター棟の半分を超えない範囲内で可能とするが、施設利用料は1m2あたり年間4.8万円とし、使途も燃料電池関連研究に限定。